2010年01月28日

<支笏湖氷濤まつり>30基の氷像が七色に 29日開幕(毎日新聞)

 北海道・支笏湖畔の冬の恒例行事「千歳・支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり」(実行委主催)が29日開幕する。28日夜は試験点灯され、七色のライトに照らされた大小30基の氷像が浮かび上がった。

【写真特集】光の競演 美しいイルミネーションの数々

 氷像は支笏湖からくみ上げた水を骨組みに吹き付けて制作した。実行委は「今年は雪が少なく冷え込みが続いたため、昼間に見ると氷像の青色が際立っている」と話している。まつりは2月14日まで。ライトアップは午後4時半〜午後10時。【久野華代】

【関連ニュース】
写真特集】美しく青くライトアップされた各地の城、東京タワーなどをみる 世界糖尿病デー
【写真特集】長澤まさみ:青い“星空”に包まれ「すてき」 東京ミッドタウンXマスイルミネーション
【写真特集】冬の北海道 遠い春 厳冬の地から〜力強く美しい野生動物の姿
【写真特集】さっぽろ雪まつり2009

一宮西病院の身体拘束「違法でない」…最高裁(読売新聞)
ネット商取引で業者を提訴(産経新聞)
地域医療再生計画「医師会の参加が大事」−厚労省有識者会議が初会合(医療介護CBニュース)
<在韓被爆者訴訟>長崎地裁で和解 1次原告127人(毎日新聞)
【鉄道ファン必見】引退の花道、デハ702「さよなら運転」 銚子電鉄(産経新聞)
posted by オオカワラ ミキオ at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「認知症加算」、85%が算定―千葉県内のケアマネ事業所(医療介護CBニュース)

 千葉県介護支援専門員協議会はこのほど、昨年4月の介護報酬改定による影響についてのアンケート結果を公表した。それによると、県内の居宅介護支援事業所の85%が、新設された「認知症加算」を取得していることが分かった。

【「千葉県内の居宅介護支援事業所が算定をしている加算」詳細】


 調査は昨年の9月7日から30日にかけて、千葉県内の居宅介護支援事業所1360か所に実施し、622事業所から有効回答を得た。
 今回の介護報酬改定で新設された加算で最も多く算定されたのは「認知症加算」で、529事業所(85.0%)が算定。次いで、「独居加算」を489事業所(78.6%)が算定していた=グラフ=。
 一方、「特定事業所加算(1)」は15事業所(2.4%)、「特定事業所加算(2)」は61事業所(9.8%)にとどまっている。
 また、利用者1人当たりの平均居宅介護支援費が改定を境に「増えた」と回答したのは54.0%、「変わらない」は40.9%、「減った」は5.1%だった。
 支援費が「増えた」事業所のうち、ケアマネジャー1人当たりの報酬が「上がった」のは19.2%で、75.8%の事業所では「変わらない」と答えており、同協議会でも「賃金や処遇には改善がないのが現状である」としている。

■加算が増え、書類作成など事務量が増加

 アンケートでは、報酬改定によって「苦労した点」と「良かった点」についても、自由回答形式で聞いている。
 「苦労した点」で最も多かったのが、「事務量の増加について」で129件。「各サービスとも加算が増えたため、利用票・提供票の作成が大変」などの回答が見られた。
 次いで「利用者への説明について」が113件で、「利用者の負担が増えるので、説明するのに気を使った」などの回答が見られた。このほかにも、「加算が細かくなり把握しにくい。請求時に加算を付け忘れることがある」「区分限度額を超えてしまうため、どのサービスを減らすのが適当か、利用者家族と事業者間の連絡調整が大変」などの回答が寄せられた。
 「良かった点」では、「介護報酬アップについて」が88件で最も多く、「事業所の収入が増加した」などの回答があった。次いで「改定によって報われたことについて」が77件で、「今まで時間を要したこと、苦労した内容が評価された」「認知症、独居の人など、サービス調整に労力がかかる人への加算ができてよかった」などの回答があった。


【関連記事】
09年度介護報酬改定の概要(1) 居宅介護支援・介護予防支援
介護報酬改定後、月9千円賃金アップ―厚労省が速報値
居宅介護支援の特定事業所加算、取得は難しい?
特定事業所加算の取得で報告−東社協研修会
休日にヘルパーが集まらない−千葉県の高齢者保健福祉計画懇談会

「招福巻」は普通名称=イオンの使用認める−大阪高裁(時事通信)
6月上旬の日米首脳会談検討=普天間合意の場合(時事通信)
【揺らぐ沖縄】首相の罪 自治体に安保委ねた重いツケ(産経新聞)
<小沢幹事長>「米国でも黒人選んでまで…」 あいさつで(毎日新聞)
更生法申請「経営の結果」=平野官房長官(時事通信)
posted by オオカワラ ミキオ at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

【十字路】朝青龍関をモデルにした仏像に願いを込める「願文」(産経新聞)

 高野山金剛峯寺(和歌山県)の松長有慶座主らが22日、京都市左京区の工房で朝青龍関をモデルにした仏像に願いを込める「願文」を書き入れた。

 仏像は「多聞天」で、今村九十九さん(58)が制作。松長座主は像の胎内の胸部分に、人を救済するという意味を持つ仏教の言葉「与楽」を筆書きした。

 松長座主は「強い者をさらに強い力でねじ伏せる朝青龍関のイメージを重ねた」。ライバル白鵬関がモデルの「広目天」も同じ工房で制作されたという。

【関連記事】
日本三大虚空蔵尊 圓蔵寺「七日堂裸まいり」
奈良の大安寺遷寺1300年 国際交流の歴史アピールへ
海龍王寺・五重小塔に希少な朱顔料 天平創建期は色鮮やか?
お寺に萌え看板 了法寺「若い男性参拝者増えた」
仏像内から室町期の菩薩画 愛知・天恩寺「重文級資料」

<上越新幹線>最大52分の遅れ 長岡−燕三条間で停電(毎日新聞)
デフレ克服、景気回復確実に=2次補正案提出で財政演説−菅財務相(時事通信)
地検捜索の2社、鹿島と密接=顧問・社長に元幹部−胆沢ダム下請け受注(時事通信)
<いじめ訴訟>病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し(毎日新聞)
自衛官、大麻所持で逮捕=「自分で使用するため」−沖縄県警(時事通信)
posted by オオカワラ ミキオ at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。