2010年01月31日

那覇発日航機、エンジントラブルで引き返す(読売新聞)

 26日午後6時半頃、那覇発伊丹行き日本航空(JAL)2088便(ボーイング777―300型機)が離陸直後、左側エンジンに異常が発生したため、那覇空港に引き返して緊急着陸した。

 乗客乗員332人にけがはなく、別の機体に乗り換えて約3時間20分遅れで関西空港に向かった。

 国土交通省那覇空港事務所によると、異常を感じた操縦士が左エンジンを停止させて管制官に緊急着陸を要請。管制官や地上の整備士は「(離陸後に)左エンジンから赤いものが出ているのが見えた」と話しているという。同社が原因を調べている。

<普天間移設>照屋議員ら平野官房長官に抗議 斟酌発言で(毎日新聞)
デモ参加者に催涙スプレー=17歳高校生を逮捕−警視庁(時事通信)
<国交省>「脱ダム」治水のアイデアを募集(毎日新聞)
大量のタチウオが入った漁網漂流…瀬戸内海(読売新聞)
沖縄・読谷村の死亡事故、ひき逃げで米兵起訴(読売新聞)
posted by オオカワラ ミキオ at 19:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。